競馬 馬場状態について

競馬 初心者

馬場状態について

今回は、馬場状態について記事を書いていこうと思います。競馬について詳しくない方でも読むことができるようにしました。ぜひ最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

馬場状態とは

JRA(日本中央競馬会)によると、

馬場の湿潤度合を表します。最も水分が少なく乾燥している状態を「良」として、水分が多くなるに従って稍重、重、不良となります。JRAでは、芝コース、ダートコースとも「良、稍重、重、不良」の4段階に区分されています。

まとめると、馬場状態は雨によって変化し、「良、稍重、重、不良」の4段階があります。

次にその4段階について解説してみます。

良(りょう)

引用にもあった通り、馬場が最も乾燥している状態です。一般的に馬場は「良」の時が、一番速いタイム(芝)がでます。ただ、注意してください!!

一番速いタイムがでる馬場状態は「芝」では「良」馬場ダート」では「重or不良」馬場
これにつきましては「馬場状態で芝・ダートのタイムが変わる理由」 で詳しく解説しているので気になった方はぜひ!!

稍重(ややおも)

良より少し水分を含んだ馬場になるので、芝ではタイムが遅くなり、ダートでは早くなる。ダートの見た目が、白から灰色っぽく変わる。また、「稍重でも良に近い稍重」(あんまり水分をない)と「重に近い稍重」(結構水分を含んでいる)があるため、その見極めが大事。

重(おも)

かなり水分を含んだ馬場状態。ここまでくると、馬の適正が問われてくる芝ではさらにタイムが遅くなり、ダートではさらに速くなる。見た目では、芝は黄緑から深緑に、ダートは灰色から黒っぽい色に変わる。

不良(ふりょう)

水分が多すぎて芝・ダート上に水たまりみたいのができてくる。なので、競馬ファンの中では不良のことを「田んぼ」と呼んだりしている。芝では走りにくくなるため、ダートでは走りやすくなるため、逃げ先行有利。(少し解説すると、後方で温存しても、芝ではみんな遅いスピードしか出せないため、結局は前に追いつかない。ダートでは反対にみんな速いスピードをだせるため、そのまま逃げ切ってしまう)

まとめ

馬場状態は含水率(雨)で決まる。馬場状態は「良(りょう)、稍重(ややおも)、重(おも)、不良(ふりょう)」の4段階がある。

馬場状態は馬券予想には欠かせない大切な情報!!

また本文中にも書きましたが「馬場状態で芝・ダートのタイムが変わる理由」を読んでいただくと、さらに理解が深まると思うのでぜひ!!