競馬、馬券の買い方②

馬券

競馬入門~馬券の買い方②~

今回は、馬券の具体的な種類などについて記事にしていこうと思います。

馬券の種類は全部で10種類です。

1. 単勝

単勝とは、一番シンプルで、1着に来る馬を予想するだけです 。なので初めて馬券を買う方にはオススメです。

2. 複勝

複勝とは、3着までに来る馬を予想した馬券です。1着でなければならない単勝とは異なり、複勝は1,2,3着のどの着順でも当たりなので、とても当たりやすく、馬券のなかで一番当たりやすいです。一方、そのため配当(オッズ)が低く、あまり儲からないです。

3.  応援馬券

応援馬券とは、単勝と複勝が一緒になった馬券のこと。好きな馬を応援する際は、単勝・複勝を買うというなごりがあり、そのつながりでこの馬券は生まれた。簡単に言うと、単勝と複勝がそのまま合わさっただけの馬券である。

4. 5.  枠連  馬連

レースをする際、馬1頭ごとに特定の番号と枠が振り分けられる。枠と馬番号の関係は、下図のような感じである。

      1       2      3           4        5
馬番号     1  ,   2   3  ,   4   5   ,  6        7  ,   8      9  ,  10

連とは「1,2着にくる馬をあてる馬券(セット)」である。なので、枠連とは枠の番号を使って「1,2着にくる馬をあてる馬券(セット)」を、馬連は馬番号を使って予想する馬券である。

ここでポイントなのは、セット(順番何でもよい)というところだ。この後馬単を説明するが、馬単は順番まで当てないといけない。当たりやすい順番で並べると、枠連>馬連>馬単のようになります

6.  馬単

先ほど4,5で軽く説明しましたが、馬単は「1,2着の順番も含めて予想する馬券」です。なので当てるのがかなり難しいのですが、その分配当も弾みます。

番外編として、

流し馬券・マルチ馬券

流し馬券とは、ある特定の馬(軸馬)から他の馬を手広く買う馬券である。例えば「馬単を買う時に、この馬(10番)は絶対に1着だと思うが、2着がわからない」という場合。こんなときに10番を軸馬にして、相手(他馬)を広げる流し馬券を買います。

マルチ馬券は、馬単ながしと3連単ながし(この後説明します)において、軸と相手の着順を入れ替えた組合せも同時に購入する馬券です。

上の例を使うと、10番が1着の馬券と10番が2着の馬券を買うのがマルチ馬券です。

この2つは当たりやすくなる一方で、買い目が増えるので、お金の調節が大切

7.  ワイド

ワイドは、「1,2,3着のうち2頭を当てる馬券」です。簡単に言うと、複勝で2頭を当てる馬券と考えてもらうと分かりやすいと思います。なので馬単みたいに順番は関係ありません。この馬券はかなりオススメですね。当たりやすく、配当もそこそこつきます。

8.  三連複

三連複は、「1,2,3着のうち3頭を当てる馬券 」です。簡単に言うと、複勝で3頭すべてを当てる馬券と考えてもらうと分かりやすいと思います。なので馬単みたいに順番は関係ありません。この馬券もかなりオススメですね。当たりやすく、配当もそこそこつきます。自分は大体ワイド・三連複の組み合わせをかいます。

9.  三連単

三連単は、「1,2,3着のうち3頭を当てる馬券」ですが、順番も当てないといけません。なのでかなり買い目が多くなり、お金もかかります。ただ、一番配当が高いため、かなり人気のある馬券です。

まとめ

馬券の種類は全部で10種類ある

初めて買うなら、単勝か複勝

オススメの馬券は、ワイド・三連複

馬券の強みを把握して、レースごとに使い分けるのがベスト

なお10番目のWin5については次回の記事でまとめます。