競馬血統研究所#11 まとめ

血統

競馬血統研究所#11 まとめ

今回も「競馬血統研究所」から勉強していこうと思います。

ディープインパクト産駒は勢いが大事!!

よく条件戦で目下3連勝中の馬を見かけますが、大体ディープインパクト産駒で鞍上カタカナ騎手ですよねw。それで鮮やかに勝つと。穴党にとってはキツイです。ディープインパクト産駒は成長力が著しく、一度自分の勝ちパターンを見つけると勝ち続ける傾向にあります。勢いそのままという感じでクラスを上げていきます。

ディープインパクト産駒は消す馬!! 過大評価は禁物!!

父がディープインパクトというだけでかなり強そう見えます。そのため前走負けても「次は巻き返すんじゃないか」と次走も人気になりがちです。ただ上記の通り、勢いが強いということは「勢いの止まり方も激しい」です。なので、勢いの無くなったディープインパクト産駒が過剰人気して飛び、大荒れなんてこともよく見かけます。

サンデー系は4つのタイプで分けられる

スピード系、スタミナ系、ダート系、ローカル(の持久力に強い)系の4つに分けられます。有名なディープインパクトなどほとんどの馬は「スピード系」。トニービンの影響を受け継いだハーツクライは「スタミナ系」寄り。ゴールドアリュールなどは完璧「ダート系」。ただ、ネオユニヴァースみたいにダービー勝っているけど、産駒はダート傾向が強い種牡馬もいる

ミスタープロスペクター系は2つのタイプに分けられる

ミスタープロスペクター自身は米国型の種牡馬なので、ダート(特に短距離)に強い傾向 があります。一方で、ミスタープロスペクターに欧州血統が強い繫殖牝馬を掛け合わせることで、より芝向きの馬が現れるようになりました(キングマンボなど)。

福島芝1200mで走る血統!!

11月一番レースが多いのは福島芝1200m!! このレースで一番よく走る血統は、「父米国型」。スピード持久力に長け、ローカルでメンバーが弱くなったところで穴をあけるのがこの血統。

福島芝2000mで走る血統!!

父米国型、系統はボールドルーラー系!!簡単に言えば、スタミナ系の馬がかなり走っている。また、サンデー系の中でもダートタイプの馬が好走!!特にネオユニヴァース産駒が狙い目!!

まとめ

・ディープインパクト産駒は勢いが大事だが、過大評価は禁物 !!
・サンデー系は、スピード系、スタミナ系、ダート系、ローカル(の持久力に強い)系の4つに分けられる
・ミスタープロスペクター系はダートタイプか芝タイプの2つに分けられる。
・福島は父米国型、ボールドルーラー系が穴をあける!!