競馬血統研究所#13 まとめ

血統

競馬血統研究所#13 まとめ

今回も「競馬血統研究所」から勉強していこうと思います。

中京芝1400mで走る血統!!

主流血統が好走しやすいです。つまり、サンデー系のディープインパクトやハーツクライ産駒がよく走ります。中京のコース形体を考えれば、その理由は明確です。中京コースは東京コースととても似ているためです(ex;左回りや長い直線、坂があるなど)。なので東京コースで好走しているサンデー系の馬が狙い目ですけど、かなり人気しやすいです・・。

東京芝1400mで走る血統!!

先に書いた中京1400mの通り、コース形体がかなり似ています。そのため好走する血統は中京と同じくサンデー系ですw。ただ、前走1200mを使った馬や前目の位置で競馬していた馬のほうが好走率が高いです。つまり、直線が長いとはいえ直線一気よりも、ある程度好位から競馬ができる馬が良いです。また、生産牧場が「ノーザンファーム」の馬が良く走ります。この牧場では牝系に瞬発力のある血統が多く、調教でもサンデーの強みを生かすような調教をしています。

生産牧場について

なかなか馬券を買う時に生産牧場まで確認している方はいないと思いますが、意外と使える指標になったりします(そんなに重きは置きませんが)。牧場にはそれぞれ所有する繫殖牝馬がいて、牝系もかなり偏ったりします。簡単に言えば、「この牧場はパワー型の産駒が多い」「あの牧場は瞬発力型の産駒が多い」など。また牝系だけでなく、育成方針も偏ります。坂路中心の調教過程で瞬発力を重点的に鍛えるなど。

京都芝1200mで走る血統!!

まずこのコースは断然内の先行馬が有利です!!3コーナー過ぎから下り坂使ってそのままゴールになだれ込むのが必勝法です。これがこのコースを攻略するうえで大事なことです 。これを踏まえて血統を考えると、ミスタープロスペクター系が有利!! アドマイヤムーンやキンカメなど。一瞬の切れ味より、スピードの持久力に優れた血統が強いです。その理由は先に書いた通り、コース形体が絡んでいます。また、ヘイロー系でサンデーの血が入っていない血統も好走します。具体的には、ローエングリンやキングヘイロー産駒が挙げられます。

京都芝1600mで走る血統!!

結論からいいますと、ディープインパクト産駒ですよ!!やっぱり。ただし、ディープインパクト産駒が好走しやすい条件は、

連勝して勢いがある(調子が良い)

疲労が少ない(ディープインパクト産駒は疲労レースの反動が出やすい)

高速馬場なら、さらに良し

上記のような感じで、特に注目したいのは、2番目の「疲労が少ない」というところ!! いくら連勝していて調子が良いとはいえ、疲労がたまっていれば好走は厳しくなる。

また母父欧州型はこのコースで好走しやすいです。特に「ノーザンダンサー系」!!

まとめ

中京・東京芝1400mはコース形体がかなり似ていて、血統面でもサンデー系が好走!!

・生産牧場ごとに、それぞれ個性があり馬もその影響を受ける。

京都芝1200mは内枠先行有利で、ミスプロ系やローエングリン、キングヘイロー産駒が得意!!

京都芝1600mはディープインパクト産駒が強いが、疲労に注意!! 母父欧州馬が好走!!