競馬血統研究所#14 まとめ

血統

競馬血統研究所#14 まとめ

今回も「競馬血統研究所」から勉強していこうと思います。

中山芝2000mで走る血統!!

サンデー系の中でも欧州血統の強いステイゴールド産駒が強い。加えて、母方も欧州血統寄りの芝血統ならばさらに好走率は上がる。欧州血統が走りやすいのであれば、もちろんトニービン系も走りやすく、ハーツクライやルーラーシップ産駒もこのコースに適正がある。(種牡馬として有名でないが、サムライハートやアーネストリー産駒 もこの舞台得意)。

中山芝2500mで走る血統!!

非根幹距離であるため、馬の得意・不得意がかなり分かれ、血統がかなり重要になります!

このレースに強いのは「キングマンボ、ロベルト系やマンハッタンカフェ産駒」です!!

特にキンカメ・マンハッタン産駒は好走しています。

umaさん
umaさん

根幹距離というのは、400mの倍数である距離のこと(ex;1200m、2000mなど)で、おもに根幹距離で大きなレースが行われるため、根幹距離に適正のある血統の馬が必然的に多く生まれます。 しかし、全ての馬が根幹距離に適正があるわけではなく、その他の距離(ex;1800mや2500mなど) を得意とする馬もいる。ちなみにその他の距離のことを非根幹距離といいます。

東京芝1600mで走る血統!!

根幹距離なので王道血統がやはり強いです。ディープインパクト産駒やハーツクライ産駒。ただ、人気薄のディープ・ハーツ産駒も走るので、ここが一番の狙い目です。またキンカメ・ローカナ産駒も好走しますが、その場合は母系に着目してください。これは何度も記事にしましたね。

阪神芝2000mで走る血統!!

マイルで実績のあるディープインパクト産駒が好走しています。スタミナよりも短距離で求められるようなより速いスピードがこのコースでは大切です。なので中長距離で実績のある馬よりマイル寄りの馬のほうがこのコースに向いています。血統はディープ・キンカメ産駒で牝系にスプリントかマイル血統がいる馬がベスト!!

まとめ

中山芝2000mは、ステイゴールドやハーツクライ、ルーラーシップ産駒 が強い。

中山芝2500mは、キングマンボやロベルト系、マンハッタン産駒が好走!!

・根幹距離とは400mで区切られる距離!! 根幹・非根幹距離で馬の適正がある

東京芝1600mは、ディープ・ハーツ産駒かキンカメ産駒(母系に注意)!!

阪神芝2000mは、マイル寄りのディープ・キンカメ産駒!!