競馬血統研究所#3 まとめ

血統

競馬血統研究所#3 まとめ

今回も「競馬血統研究所から学んでいこうと思います。

新潟1000m直のレースです。これは直線のみのレースなので、コーナリングが下手な馬や気性が激しい馬などにもチャンスがあり、激荒れするレースが多いです。一般的に外枠が有利だといわれています。また西田騎手が1000直の名手として有名。

新潟1000m直は普通のレースとは全く異なるものである

スタートから全力で飛ばしていき、コーナーも回らないことを考えれば、このレースが他のレースとは大きくかけ離れていることがわかる。そのため、このコース形体を極めて得意な馬(血統)がいると考えることは自然なことである。なので、新潟1000m直において血統はかなり大事な指標と考えられる。

新潟1000m直では、馬主ミルファームを買え!!

この馬主は新潟1000m直に強い馬を買い・育てているので、この舞台で好走しやすい。ぜひcheckしてみて下さい。

1000mはインディアリティー系を狙え

解説;インディアリティー系の代表産駒は1000mのコースレコードをもつカルストンライトオ! 短距離適性抜群のスピード血統です。

PS;ダート短距離が得意な産駒が意外と激走する(ex;メイショウボーラーなど)

ダート中長距離ではロージズインメイ産駒を狙え!

解説;代わりにダート短距離では走らない。またパワーのいる洋芝や荒れた馬場の芝で台頭する。

PS;トニービン系は長距離志向 (ジャングルポケットなど)の馬が多い。ルーラーシップはキングカメハメハ産駒の中でもスタミナタイプ。そのため、ルーラーシップ産駒もスタミナ系が多い。

まとめ

新潟1000直は激荒れ必須の特殊レース!!馬主のミルファームに注目!!血統では、インディアリティー系のスプリントタイプ、またダート短距離適正のある血統が穴をあける
・ダート中長距離やパワーのいる芝では、ロージズインメイ系が台頭する。
・トニービン系、ルーラーシップ産駒はスタミナ
が多い。