競馬血統研究所#8 まとめ

血統

競馬血統研究所#8 まとめ

今回も「競馬血統研究所」から勉強していこうと思います。

ただすこし脱線して、丸田恭介騎手のインタビューをまとめました。

丸田恭介騎手について

「穴の丸田」で知られていて、10人気以下の丸田騎手を買い続けると単勝回収率がなんとプラス!!なぜ穴馬をそんなに持ってこれるのか、彼なりの乗り方があるみたいです。

返し馬

かなり慎重に行っているみたいです。馬の個性に合わせてその都度変えているみたいですね。他の騎手の方も行っているかも知れませんが、これは凄いです。

騎乗馬の過去の走りやラップタイムまで確認している

過去のレースを確認する騎手は多いそうですが、ラップタイムまで調べる騎手は少ないと思います。それを見て、作戦を決めたりしているそうで、かなり頭脳的な一面もうかがえます。

丸田騎手 まとめ

穴の(特にローカルで混戦な場合)丸田恭介騎手を狙うと面白い!!

お待たせいたしました。ここからは血統です。

高速馬場のダート中山1200mでは芝のスプリンター血統が走る!!

スタミナ・パワーよりも、スピードの持久力が求められるので、芝のスプリンター血統が走る !!(ex;サクラバクシンオー、デュランダルなど)

ダイワメジャー産駒は流れが速い1200mは苦手

ダイワメジャー自身がスプリンターよりもマイルラー寄りだったので、距離短縮やダートの高速馬場など流れが前走よりも速くなるレースだと向かない。

ハーツクライ産駒は重賞で中人気の時に好走!!

人気がすこし落ちた時に思い切った騎乗で好走!!ハーツクライ自身があのディープインパクトに勝った有馬記念ではそのような状況でした。ヌーヴォレコルトやジャスタウェイも同じような傾向にある。

藤沢厩舎に入った馬は速い上がりを使うようになる

皆さんご存じ名門藤沢厩舎!!この厩舎に入った馬は、たとえ欧州血統でパワー型の馬でも、サンデー系のような瞬発力のある馬が育ちやすい。なので、欧州血統でも良馬場の東京コースに強かったり、反対に本来重馬場が得意なはずなのに、苦手になってしまうこともある。この原因は、調教過程にあると考えられる。欧州血統の馬でも、サンデー系の調教をし続ければ、サンデー系の馬のようになるということ。

ミスワキ・エンパイアメーカー・キングカメハメハ産駒の共通点

高速芝中距離に強いミスタープロスペクター系!!エンパイアメーカー産駒もカイザーバル(2016年秋華賞3着)を代表に芝も走れる。ただ、やはり得意なのはダートなので、ダートの高速馬場でエンパイアメーカー産駒はオススメ!!←(この前も書きましたね)。

まとめ

高速馬場のダート中山1200mでは芝のスプリンター血統!!
・ダイワメジャー産駒は流れが速いレース(ex;1200m)は苦手!!
・ハーツクライ産駒は重賞で中人気を狙え
・藤沢厩舎はサンデー系の馬になりやすい
・ミスワキ・エンパイアメーカー・キングカメハメハ産駒は芝中距離で買い!!