血統の勉強<初めて血統を学ぶ人へ>

血統

今回から血統について勉強していこうと思います。

競走馬は血統でその資質の大部分が決まるともいわれており、競馬をするうえで重要な指針になってきます

血統がその威力を発揮するのは未知な場合において、具体的には

  • 馬場コンディション(重,不良,開幕週のスピード馬場or開幕後半のタフな馬場)
  • 初めての距離(延長,短縮)
  • 初めての芝orダート(or障害)
  • ローカルコース(福島,小倉,函館etc)
  • 新馬戦

血統は未知な部分を予測するうえでとても役立つ。血統で馬券を購入している人は一定数いるものの、やはり調べるのに手間がかかるため、おいしい穴馬がよくいたりする。最近では、㍶を使った血統予想なども存在するが、なかなか垣根が高いと思われる

血統を見る際に大切なことはその競走馬の父と母父(母方の父=祖父)に着目することだといわれています父親はその競走馬の適正(芝orダート向き)、母父はその競走馬のエンジン(スピードやパワーなど)を表すと言われています。

上の血統表は、2019年弥生賞を制したメイショウテンゲン のものである。この日は大雨で芝がかなり水分を含んでいて、瞬発力よりもパワーとスピードが要求されたレースであった。テンゲンの血統表を見ると、父ディープインパクト母父フレンチデピュティである。ディープのスピードにデピュティのパワーが合わされば、この日勝つことも容易に推測できた。(ちなみにフレンチデピュティはクロフネやピンクカメオ,メイショウベルーガを輩出したパワー型の種牡馬)

 

他にも「ニックス」とか「アウトブリード」とか何かいろいろありますけど、個人的には父 母父に着目していれば、十分だと思います血統はとても奥が深いのでとことん追求するときりがありません。なので血統に大きな興味を持った方だけ追及してもらえばいいのかなと。

次回は血統の専門家から学んでいこうと思います。